プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならビオラ

Mon.06.07.2009 0 comments
DSC04477a.jpg
4月頃、いちばん元気だった頃のビオラ“フローラルパワー F1 アプリコットリップ”

昨日、ついにビオラを処分した。

まだ花が咲いているので可哀想に思ったが、うどんこ病にやられていたし、茎が伸びまくり、かなり見苦しいことになっていたのだ。枯れかけた花に情けをかけて置いておくほどうちのベランダに余裕はない。

DSC05377a.jpg
↑現在、変わり果てた姿

思えばこのビオラは、なんと去年の12月から咲いていたのだった。うちのベランダで、私が園芸を始めてから初めて種から育てて咲かせた花で、その間に様々な花が開花しては枯れて行ったが、ビオラはその間も、来る日も来る日も蕾を上げて、黄色い花弁を開き続けていた。

DSC05378a.jpg
↑全景。茎があちこちに伸びまくっている

園芸を始める前は、ビオラだのパンジーだのに興味はなかった。新興住宅地で派手なおばさんが咲かせているファンシーな花、ぐらいに思っていて、むしろバカにしていたのである。高度に園芸植物化された人工的な感じも好きじゃなかった。

でも、実際育ててみると良さがわかった。花期がとてつもなく長く、いつも元気に花を咲かせ、育て方も簡単。健気だし、どこか野性的でもある。近寄ると、とてもいいスミレの香りがするし、ベランダに花の無い季節がパッと華やかになるのだ。

DSC05357a.jpg
↑種。ほっとくとすぐにはじけ飛ぶ

ビオラは本来多年草だが、日本の高温多湿には耐えられないので、夏に処分する一年草として扱うらしい(こういう草花は結構ある)。何年も咲かせてやることができないのは悲しいが、株元の土では既にはじけ飛んだこぼれ種からいくつも芽が出ている。この芽は夏を越せないが、種をとっておいたので、秋になったら蒔いてみるとしよう。

F1種は親と同じ形の花にはならないと言われているので、先祖返りしたみたいな大して奇麗じゃない花が咲くかもしれないけど、それはそれでいい。

DSC05384a.jpg
↑大きくなりつつあるヒャクニチソウの蕾。

これで、ベランダの春の花はすべてが終わった。夏の花がぐんぐん育って、開花を待っている。このようにして季節は変わってゆく。

« 梅雨と荒野 - Home - ゴーヤ!ゴーヤ!ゴーヤ! »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。