プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢人工庭園

Sat.18.04.2009 0 comments
DSC04617a.jpg


もう一週間前の話になりますが、軽井沢に行ってきました。つっても仕事(ロケ)な上に、会社出たあと新幹線で木曜夜に乗り込み、金曜夜には帰ってきたんですけど…。

ちょい前の三宿の景色とはうってかわった、高級でよく手入れされた写真の数々をお楽しみください(笑)。

DSC04590a.jpg
なにかの新芽

写真を見ると白樺の並木に枯れ草、みたいな冬景色ですが、ひとことで言うともう春を通り越して夏でした。かなり避暑地だからまだ寒いだろうってんで防寒準備万端で行ったら、半袖でも暑いっていう。
見た目冬なのにカンカン照りの猛暑、みたいなシュールな状態。

DSC04615a.jpg
クロッカスですね

DSC04616a.jpg
これもクロッカス

某植物庭園のようなとこで撮影だったんだけど、そこはバラが有名なとこで、とはいえ今はシーズン前で閉園。とはいえいろいろな園芸植物がきちっと植えられ、手入れされていたので、非常に見がいがありましたよ。

DSC04602a.jpg
クリスマスローズかな 花弁に見えるものはガクですよ

そもそも駅に降り立ったところから、オフシーズン感漂う閑散っぷり。もともと「観光地」ってんでもないし、なんというか、主を無くした駅という感じ満載でした。

私は軽井沢にまっったく縁のない人間で、これが二度目なんですけど(しかも初めて行ったのも去年、それも仕事だったんですが)、うーん軽井沢、悪くないです。

DSC04595a.jpg
木の根本にフキノトウみたいなものが…

つーか、むしろすげー好きかもしんない。
前回行ったのは夏の終わり頃だったので多分オンシーズンまっただ中だったんだろうけど、この春先はオフシーズンにも関わらず、なんか、すげー景色とか奇麗だし、気分もいいんですよ。
閑散としてるとこもいいし、夏よりいいかもしんない。オススメですよ春の軽井沢。

DSC04591a.jpg
名前はわからないけど可憐です

軽井沢って、東京の金持ちの別荘地/避暑地ってイメージが濃くて。
私は関西出身な上にいいとこのお嬢さんでもないし、全盛期に大学生でサークル合宿に行ったりしてる世代でもないんで、なーんか縁がなかったんですよね。

そうこうしてるうちに、多分多くの人にとって、軽井沢ってちょっと特殊な場所になってたんじゃないだろーか。
ピーク過ぎた観光地(熱海とか…熱海も近年盛り返してますけど)は、さびれてく感じが目も当てられなかったりするけど(私は好きですけどね)、ピーク過ぎた別荘地ってのは……なんつーか、もっと静かに打ち捨てられてく感があるというのかな。でも悲壮感はなくて。

DSC04611a.jpg
葉がロゼット状なんで多肉かと思ったけど、葉っぱが薄め

その感じ、その、ピークを過ぎた(常に何となくシーズンオフ感がある)避暑地、というちょい高級でちょい淋しく、でも全体的にとてつもなく手入れされてる感じというのが、なんか物凄くツボに入ったんですよ。

DSC04589a.jpg
ミセバヤか何かの多肉

この庭園も、ものすごく自然に植物が配されている。
石垣の隙間にはちゃんとセダムが植え込んであったり、コケや枯れ草(最近、オーナメンタルグラスとかいって流行ってるんですね)なんかも輸入モノのオシャレな品種が植えてあったりで、隙がない。ホント、外国のどっかの原っぱに来たような錯覚を覚えるわけです。この出来の良さったら。

DSC04609a.jpg
こういったセダムの類が、ちょっとした隙間にも自然に植えられている!

DSC04610a.jpg
これもセダム。あまりに自然で、人の手が入ってるのを感じさせないほどです

DSC04593a.jpg
ほらね

庭づくり、いわゆるガーデニングにも流行があるんだけど、ちゃんと流行に乗って、お洒落な庭園ができあがっている。人の手を感じさせないほど自然だけど、たぶん物凄く金がかかっている。そこらへんが凄いな~とあらためて驚きました。

DSC04601a.jpg
人工湖もあるでよ

そもそもここはバラが有名なとこ。
バラなんか消毒とか農薬散布とか定期的にしないと虫と病気にやられるので、もちろん商業施設だからとてつもなく管理されてるだろうし、「自然なのに人工」って感じが、ますますツボに入った。

DSC04599a.jpg
まさにいま植えられようとしてるバラの鉢たち

その、「自然なのに人工」感、隙がなくて日本っぽくない、完璧に精度の高いリゾート感って、この庭園のみならず、まさに軽井沢そのものじゃないですか。

うーん。いいなぁ。軽井沢、好きだ。次回に続きます。

« 軽井沢人工庭園(2) - Home - 薫りたつ、 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。