プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春待ち開花祭 ~多肉篇~

Thu.22.01.2009 2 comments
DSC04079a.jpg
キク科 セネシオ属(セネキオ属)“グリーンネックレス”


昨日は暦上の大寒だろうが知ったこっちゃない。我がベランダでは人知れず可愛らしい花が咲いているのであります。

直径わずか2cmぐらいのこれは、グリーンネックレスの花。11月頃から蕾をつけてはいたんだけど、なんだかんだでゆっくりと開花準備を進め、数日前にはじめて咲きました。小さなほんの数mmの小さな花(ユリみたいな形の)が寄せ集まって咲いていて、花粉の黄色も可愛いし、小さくて一見地味ながらとても良くできた造形だなぁ、完成度高いな~と思います。


<開花までの過程を写真で解説!>
DSC03825a.jpg
1. 花茎が上がってきたころ。まだ丸っこく固く閉じた蕾。

DSC04041a.jpg
2. 年明けすぐのころ。いくつもの蕾というか、小さな粒粒がぎっしり詰まってるのがわかる。なんかの武器みたい。

DSC04065a.jpg
3.  咲き始め。まだ中心部は閉じてるから、3分咲きくらいかな。

DSC04081a.jpg
4.  こんにちわ!おはようございます。ただいま(現在)7分咲きくらいかと…


ちょっと揺らすと花粉が落ちたりして、またかわいい。よく見ないと可愛さがいまいち伝わらないってとこも可愛いのかも。これで直径10cmあったらゴージャス系だろうなぁ。

このグリーンネックレス自体、本体が根腐れしちゃって挿し穂でなんとかここまで育てたものだし、蕾がついたと思ったらアブラムシにたかられたりして、なかなかのトラブル続きだったりもするんですが、こうして咲いてほんとに嬉しい。多肉植物は葉を観賞するものなんだろうけど、どんな花だろうが可憐だったりセクシーだったりするもんですね。





**********************************


小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 02月号 [雑誌]小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 02月号 [雑誌]
(2008/12/27)
不明

商品詳細を見る


さて…可憐な花の話とこの取り合わせってどうなんだろうかと思いつつ……今月のagehaはまじやばい。
特集が、「漆黒でも暗黒でもない私たちの暗い闇」!!!
闇ってのが、何かの流行(メイク/ファッションで黒が主流とか)かと思ったら違うんですね。そのものズバリ、心の闇です。
巻頭から、「闇から病みへ」(!!!)という驚きのキャッチコピーとともに、ageha嬢たちの暗い独白のオンパレード。ageha独特のアゲアゲ&デコ&盛りまくりのアートディレクションの中で、「私は一生自分の顔が好きになれない」「いじめ」「どうしようもない孤独」「男に騙され続け…」みたいな生い立ちやら境遇やらの、いかにもリストカットとかバンバンやってそうな「闇」話がつづく。(さらに凄いのは、いきなり関係ない、癒されよう!的動物写真ページが見開きで挿入されてたり…)一体なんだこれは。ていうかまあ、解るんですけどね…意外にもまだ浜崎あゆみ世代と変わらんな、紡木たく入ってるな、とか更に言うと演歌っぽいな、と思っちゃったり…
そんで、それでも私たちは生きていく!という決意とともに表紙には「そして私たちの人生は巻き髪とともに(ハート)」という言葉が…
そして、後半からはいつもの調子で「デカ目報道ステーション!」というこれまた衝撃のアイメイク、ブラウンシャドー特集(笑)一貫して続く狂ったアートディレクション!!

これで一番驚いたのは、「agehaってファッション誌じゃなかったんだ!」という今更ながらの事実で。キャバ嬢および、それに憧れる多数女子のための盛りファッション&メイク雑誌ではなく、生き方指南誌だったのね!と。まあ、これも解るんですけどね…

ともかく、狙い過ぎと思う向きもいらっしゃるんでしょうが、やっぱりagehaは凄いです。まじ度肝抜かれました。
広告収入に依存しまくりで今まさに経営が傾いてるくせに「あたしたちってアバンギャルド~!最先端~!」とか思っちゃってる上から目線な腐れモード誌(あ、そーゆーのも好きなんですけどね。上から目線加減が 笑)とか、「これが今キテるよね。俺たちって解ってるよね。」とか思い込んで世の中を斜めに見てる凡庸カルチャー誌諸君に見習って欲しいもんですよ。
…私もがんばります。

« 春待ち開花祭 ~草花篇~ - Home - 瀟酒な廃墟 ~神戸ポートアイランド(2)~ »

- comments
2 comments
かわいい!あの形状からこんな花が咲くとは、意外です!
雌しべを取ったら、まんま沢尻エリカの角隠し(?)じゃないですか(あれも奇抜でしたね)。
蕾もクラスター爆弾みたいだし(あくまでイメージですが…)。
そこから連想するのが、かわいいのに毒がある「小悪魔ageha」
というのは納得しました。
しかし、相変わらずすごい雑誌ですなあ。
エリカ様か!
確かに!どっかで見たと思ったら、エリカ様の角隠しですね。
あれは可愛かったです。スタイリストさんの手作りだそうですが…
花は、咲いてみないとどんな花が咲くかわからないところが楽しみのひとつです。
小悪魔agehaは、実は本文とあまり関係なく、コンビニで見かけてあまりに衝撃で
買ってしまっただけなのですが、本能的に、花の命は短い!という刹那的な思いに
駆られてる雑誌ですよね…
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。