FC2ブログ
プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キク科のユ・ウ・ウ・ツ

Tue.01.09.2009 2 comments
DSC05918a.jpg
キク科 クンショウギク属(ガザニア属)ガザニア Gazania


台風なのに晴れた日の写真ですみません!んでもってまたまた過労のためご無沙汰しておりました…。

あまりにも、あまりにも整った(まさに勲章)カタチの花を咲かせるガザニア。作りモンみたいですが本物です。セルビアの花屋で買って、5月中旬に種を蒔いた種が今咲いています。

しかしこれ、かなり日本では扱いが難しい。南アフリカ原産、つまり多肉ちゃんとかと同じで高温多湿がかなり苦手。晴れた日にしか花を開かない習性があるのに、日本の夏の太陽はちょっと…。あと雨にも当てないで…。などと抜かしやがる手のかかる子。

DSC05920a.jpg
↑色違い。のしおれかけ

うちではちょっと…いやかなり調子が悪いですね。発芽したての頃アブラムシがついたりとか、根本からいきなり倒れて枯れたりとか、うどんこ病になったりとかして、どうもうまく育ちません。そりゃこんな灼熱地獄は辛かろうよ。多年草ではあるものの、この先生き残るんだかどうだか…

キク科って、日本ではなじみの深い花ばっかりで(さんざんこのブログに出て来ている百日草もキク科です)、このガザニアもよく花壇なんかに植えられてますが、いまいち日本の気候には合わんというか、どうも、強いんだか弱いんだかわからない。花壇でも、うどんこ病に取り憑かれて枯れてるのも見かけるし。

DSC05923a.jpg
↑全景。ほらね、グッダグダですよ

なんか、咲くには一応咲くというか、生命力がしぶといんだけど、なかなか奇麗に育たないのです。キク科全般。

好きな花なのになぁ、ガザニア。葉っぱが独特で、多肉じゃないけどパキパキしてて固くて、よく折れるんですよねぇ…。
多湿に弱いってんで、多肉用の用土(軽石みたいな)をかなり混ぜ込んで植えてるのに、なんでこんなに調子が悪いのか…

そしてさらに。

DSC05926a.jpg
キク科 エゾギク属 アスター(エゾギク)Callistephus chinensis

…ついにこちらも開花しております。同じくセルビアの花屋で買って、5月中旬に種まきをしたアスター。これはかなり菊っぽい花ですよね。思ったより色味も繊細で、華奢な佇まいといい、野菊みたいです。

…しかし。こちらも中国の高山地帯原産で、日本(つーか東京都心のベランダ)の夏なんか大嫌い。蝦夷っつーぐらいだから北海道の涼しい夏がお好みなんでしょう。

DSC05927a.jpg
↑グダグダどころか…ボロッボロですから!これで咲けるのが奇跡

いろいろ調べていたら、「日本で、農薬を使わずに、病虫害にやられずに育てるのは至難の技」みたいな記述があったんだけど、これホントにマジでそうだわ。

まず、葉裏にハダニが密生。ハダニにはオルトラン(愛用の農薬。手軽)は効かないので、どうしたもんかと思いつつ放置していたら、葉が透け透けのボロボロに。その時までは「ハダニってこんなになんのか!」と憤っていたんでしたが、ついにとんでもないものを発見してしまったのだ。

DSC05896a.jpg
↑あんまりグロイんで極小サイズにしてみたが、物好きさんは拡大してみてね(はぁと)

それは…アワダチソウグンバイ!

これは、ハダニよりも強力(より大型で、葉を吸いつくす)な吸汁害虫であった…同じくキク科のセイタカアワダチソウ(有名な、嫌われ外来生物ですがね)に付く外来害虫なのだが、ここ日本では天敵がいないらしく激増してるらしい。こっ…こええええ。

私もあまりの気味悪さに色々検索していて、あっこれか!と初めて名前を知ったぐらいの新参者なのですが、こいつはあなどれませんよ!アワダチソウグンバイ!ここ10年ぐらいで爆殖してて、同じくキク科のヒマワリなんかにも付くらしいです。

余談ですがセイタカアワダチソウは、一時期向かうところ敵無しの爆殖っぷりで猛威をふるったものですが(私がコドモの頃といえば、空き地にセイタカアワダチソウというのが典型的景色だったな。田舎のニュータウン育ちなんで)、今はちょい落ち着いてるようです。

というのも、奴らアレロパシーといって根から毒(成長阻害物質?)を出して他の植物を枯らし、その場所を自分の天下にして増えてくわけですが(なんたる凶悪!)殖え過ぎてその毒に自分があたっちゃった、つー話。なんかの教訓になりそうですね。おまけにこんな、アワダチソウグンバイにも吸われるしで。

いつの世も植物や昆虫の世界は戦国時代なのであります。アワダチソウグンバイには今のところ天敵がいないけど、まあこの先どうなるかわからないしね。

そんで、日本では悪者の特定外来種に指定されるのってキク科が多い(オオキンケイギクとか)ですが、そんなに爆殖するような生命力がありながら、なんでうちのベランダでは瀕死なのか?と、そこが問題なわけです。

…まぁ、この先には秋の長雨がありますし、キク科の試練はまだまだ続くようですよっと。




********************************

さて、菊といえば…な、どーしょうもない動画でも載せてみます。(何故菊かは7分頃から…)youtubeがUPできないのでニコニコですが。




最近、80年代後期のPVとか観てるうちに、今更(ホント今更だ!)米米CLUB(といっても、君がいるだけでとかがヒットする以前の)に超ハマりまして、なんでこんな素晴らしいものに気づかなかったんだろう!という感じで目からウロコが落ちまくりなんですよね。

今まで、数々の、恐らくは10000回ぐらいは洋邦もジャンルも問わず色々なライブやコンサートetcに足を運びましたけど、実は「ずっと気が散らずに集中して楽しめたのは」、チック・チック・チック(!!!)のフジロックでの初ライブと、マイブラmy bloody valentineの再結成?ライブ(これもフジロックだな…)ぐらい。いつも何やかやと気が散るのが常だったんです。

…でも。80年代中盤~90年代初頭までの米米のライブだったら、多分、それ位の熱中っぷりで楽しめたんじゃないのかなぁ。それぐらい、今、ネット上の動画で観ても神がかってる。ホントに天才的で、ステージと客席との一体感というか、いや微妙に客を突き放してるからロック的な一体感ではないんだけど、ダンス的な一体感含め、なんというか歌もコント(!)もグルーヴ感…いや、客席巻き込み感が半端ないと思うんです。

こういうステージ観てると、ホント今まで自分は何を観て来たんだ、と思いました。特にバブル絶頂期でのライブでは、大掛かりで金をかけたステージセットや衣装とか仕掛けとか、ホントにエンターテインメントで。でもゴージャスってだけじゃなく、いかがわしくてマニアックで。最高にファンキーで、しかも笑えて!

このへんも凄いと思うね。石井が監督したPV↓


こういうとき私は、ちょい前もちょい書きましたが、「バブルの豊穣」というものについて考えざるを得ません。単に金をかけたってだけじゃなく、時代にそれを受け入れる素地があるか、という点においても…当時の米米のライブなんて、草食男子が溢れ返る現代においては胸ヤケ間違いなしだもん。
ミュージシャンが普段着で、作り込んだセットなんかないステージで歌うところしか観た事無かった私って…ロスジェネって、どんだけ欠食児童だよと。(渋さ知ラズとか、観てる場合じゃなかっただろう!と)

しかし、なんであんなに鬼気迫る天才だったカールスモーキー石井は、今現在あんな風になっちゃったんだろうなぁ。マジで理解に苦しむ。

…とかいう米米話は、また今度。

« 夜薫る - Home - ベランダジャングル★クッキング »

- comments
2 comments
米米!
ちょうどDOWNTOWN81の映画が再公開されてた時に、KID CREOLE繋がりで米米のCDを100円とかで買い漁ったりしてたんだけど、まだYouTubeが無かったもんで、いま、ここで初めてちゃんとこの辺の映像見ました!
音だけだと分からなかった…!こんなだったのか!かっこいい!!
ちょうど最近も人に「あきらめと言う名の傘じゃ雨はしのげない」とメールした所だったので、なんだかタイムリー(米米がタイムリーって何なんだか)。
米米は小学校の頃、同級生のお姉ちゃん世代が激ハマッてた記憶があるんですが、それでもせいぜい小学校高学年。米米や安全地帯、あとバービーとかの小学生支持って確実に厚い層であったように思います。いまはそういう、子供も支持する、男の背中に爪を立てるような歌はないんでしょうか。

んで、祝☆ご入籍!!
私の夏は楽しかった後にオチがつきました…
●ainoさん

YouTubeだともっと色々あるわけで、
http://www.youtube.com/watch?v=2FhGEbKZ8O0
(曲はカッコいいのに最期の毒エロ寸劇が…)
http://www.youtube.com/watch?v=vi_Pk25Orrs
(それこそ渋さのようだ…)
http://www.youtube.com/watch?v=-8k2ib0XYkw
(ブルーハーツのパロディ。酷い)※ちなみにバービーのパロディもやってた
…とか。いろいろ。本当にかっこいい。
米米って、「ライブがメインでCDはおまけ」って言ってたらしくて、そりゃ音だけじゃわかんないよね。ちなみに私はDVD24枚(!)BOX大人買いしてしまった…
世代的には、中学のブラスバンドでFUNK FUJIYAMAやった記憶があるんだけど、なんかスルーだったわ。恐らく小学生の時読んだ「明星」の石井のインタビューがあまりに衝撃的(小六で女に犯されたとか、中学時代SMにハマったとか…)で、なんか触れちゃいけない「大人のバンド」な雰囲気だったからだと思う。確かに同級生のお姉ちゃん世代だよね。

確かに米米も安全地帯もバービーも子供時代の記憶なのにカラオケで歌えるな~…
>いまはそういう、子供も支持する、男の背中に爪を立てるような歌はない
てのは本当に、そうだよね~。今の子供ってエグザイルとか、歌うんかな。あの頃ああいう歌に物心つかされた貴重な世代である私たち世代も、「大人かわいい」とか「女子力」とか未だに言ってるし、なんつ~か、アブナイ大人が存在しない世の中ってつまらんな~と普通に思うよ。つまらんつまらん!

入籍の件ありがとう~。七夕の話こんどゆっくり聞かせてほしいよ。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。