プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオ、光と闇(3)

Tue.30.06.2009 0 comments
DSC05283a.jpg
↑石排灣郊野公園のメイン広場(?)。こう見るとキレイなんですけどね…


さて、高級ホテルだのレストランだの書いてる場合じゃない。これは一応園芸ブログだということを思い出しつつ植物の話を書きますよ。

マカオといってもタイパ島やコロアネ島には、ネオンギラギラでもないゆるいアジア感が残ってたりします。ひなびた漁村があったり、観光地化されてるものの小さな雰囲気のいい通りがあったり、再開発途中でなんとなく投げられてたりする殺風景な感じがあったり、とか。

DSC05309a.jpg
↑亜熱帯な街路樹、ハイビスカス

タクシーもあんまし通らない、山だの林だのだだっぴろい空き地だのがあったり、日本の郊外みたいにどうでもいい景色が広がっていて、香港とかにはこういう「ゆとり」は無いだろうから、そんな隙間感も私がマカオ好きな理由だと思ったり。

DSC05308a.jpg
↑アカシア系つーか、マメ科の何か?黄色い花をつけていた

そんなコロアネ島にある、「石排灣郊野公園」Parque de Seac Pal Vanというところに行ってきました。一応、植物園があるということで「地球の歩き方」を見て行ったんだけど…ここがまあ、ちょっとびっくりするぐらいゆるかった。

DSC05282a.jpg
↑入り口近くの「香花植物園」にあった、いい香りの花

その「地球の歩き方」には、元はイエズス会が孤児や失業青年のために作った農場だったとの記述があるんですが、で現在は自然保護公園なんだそうですが、まあホントに、観光客はまず訪れないような、しょぼい植物園(?)と動物園(?)が何となくあるという感じ。

DSC05287a.jpg
↑香港でもよく見かけたプルメリア。ハワイだけの花じゃないんですぜ

一応、地元民は子供連れて楽しそうにしていたので、ここはいわゆる「子供が健全に楽しめる娯楽」が少ないマカオの、数少ない憩いの場なんだと思いました。

DSC05284a.jpg
↑十二支をモチーフにしてるらしいんだが…それにしてもどうよ

景色はゆるいですが、とにかく暑い。日差しも湿度もやばいです。汗がダラダラ流れてきます。

DSC05288a.jpg
↑竹にいたキモい虫

…うーん。ここに関してはマジで書くことがないな。なんか、弛緩しきってました(笑)いいですね、特に観光しなくてもいい旅行って。

DSC05291a.jpg
↑水牛(?)もバテ気味です

「動物園」というものの、サルと豚とクジャクがいるぐらいの最小規模。先日セルビアのベオグラード動物園に行ってからというもの、世界の動物園に行ってやろうという気まんまんの私でさえ腰がくだけました。

まあ、マカオの子供たちは楽しそうに見てるんだが…

DSC05292a.jpg
↑ところどころにゆるキャラが散見される(むしろ怖いって)

弛緩しきった意識が暑さで途切れそうになりますが、まあ他にやることもないんでだらだら歩いて、亜熱帯の植生を観察したりなどします。
ちなみにここ、入場無料です。どうですか?カジノのネオンに疲れたらこんな公園。

DSC05290a.jpg
↑これ、街でもよく見かけた木で、ニセ菩提樹というらしいんですが

DSC05325a.jpg
↑根っこはこうなってたりします(これは、タイパ島の街中で撮った写真ですが)

ところで私としては、ここにわざわざ来たのには理由がありました。薬用植物園などが併設されているというので、見てみたかったのです。
薬用植物園と、もうひとつの植物園(名前失念)は入り口わきにあったので行ってみたのですが…

DSC05296a.jpg
「薬用植物園」

……。
これだけかい!

敷石で仕切られた空間が何列かあり、植物(おそらく漢方薬に使われるような、しかも特に珍しくない)がテキトーに植えられていて、色褪せた立て札が立っているだけ。しかも、肝心の植物は枯れかけてたり虫に食われてたり、なかには完全に枯れて姿を消しているものもありました。

…まあ、別にいいんですけどね。

ちなみにこの薬用植物園、上(斜面になっている)でもうひとつの植物園と繋がっているのですが、

DSC05298a.jpg
↑パイナポー

そこは、数々の(嘘、そんなに種類ない)熱帯植物がまたテキトーに植えられていました。

DSC05303a.jpg
↑ドリアンみたいな(ドリアンじゃないと思うんだが…)でかい実をつける果樹

…まあ別にいいんですが、さっきから蚊に刺されまくり。こんな訳のわからん管理テキトーな植物園で体中蚊に刺されて、マラリアとかデング熱とか日本脳炎とかになったらどうしよう…という恐怖に襲われます。死にたくねぇ~

DSC05301a.jpg
↑地面に散乱していたナゾの実

…さて。そんなこんなで終始ゆるい植物園つうか、自然保護公園(放ったらかしにする=保護?)の楽しい思い出を語りつつ、この旅行記もそろそろ幕を閉じたいと思います。



<その他、マカオでよく見られる光景>
DSC05336a.jpg
↑亜熱帯名物、スーパーで売られてたドリアン

DSC05352a.jpg
↑マカオ名物ポルトガル菓子、エッグタルト

DSC05351a.jpg
↑中華圏名物、やばい配線


昼と夜。富と貧しさ。太陽とネオン。中国とポルトガル。ハイテンションとリラックス…さまざまな両極が存在する都市、マカオ。

スタンレー・ホーのリスボアや、ラスベガス資本のウィンやサンズ、中国銀行などが互いに牽制し合う形と位置で複雑に作られた、さまざまな気と欲望が渦巻く風水都市。

別にマカオ観光局の人間でも何でもありませんが(笑)、是非マカオに来て、この感じに触れていただけたらと思いますね。



…では、冒頭ののどかな光景とは対照的な、ブレードランナーも顔負けの夜景でお別れしましょう。

DSC05347a.jpg

DSC05349a.jpg

DSC05345a.jpg
スポンサーサイト

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。