プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒菜

Wed.25.02.2009 6 comments
DSC04316a.jpg
アブラナ科 アブラナ属 “タアサイ”


ツヤツヤしたこいつは何者??と思いきや、タアサイという中国野菜らしい。らしい、というのは、わりと中華をよく食べる(安いのから高級なのまで)私もよく知らないからです。…てあれか、坦々麺によく入ってるやつか??汁の実や炒め物にしてもいいらしい。以前、東急ハンズの種売り場で買ったもの。

…ですがこれ、一体どこに生えているのかというと
DSC04317a.jpg
例のコスモスの鉢でした…

別にこんなとこに好き好んで蒔いたわけじゃない。じつは、タアサイはタアサイで専用のプランターに蒔いたのだが、コリアンダーの枯れたあとに同じ土で蒔いたせいでウイルス病に感染したのか、発芽したもののぜんぶ立ち枯れた。でも、隣のコスモス鉢の近くで手にこびりついた種を払ったときに落ちたらしい(!)こぼれ種が発芽。今に至る…というわけです。

ちゃんと植えて丹精こめて世話するより、勝手に生えてきて放置してたこぼれ種のほうがすくすく育つ…というのはもはや園芸界のマーフィーの法則(古っ!)みたいなもんですが、それにしたってこの発育はどうなんだ。

しかし。
ああ、炒めて食ってみたいな~♪と思いつつ、実は簡単にそうするわけにもいかない事情がありまして。このコスモスの鉢、この日記↓
ある開花ーーーコスモス
でさんざん書いたコスモスの鉢でして、つまりは……長らくアブラムシ対策として農薬漬けにしていたというわけです!!!!!

農薬は「オルトラン」という市販のものですが、この主成分、どうやら調べてみると水に溶けるとかの有名なメタミドホスに変わる(?)とか何とかでして。この鉢はベランダの淵に移してからアブラムシが寄り付かず、農薬も絶ったので、そろそろ効力切れてるかな~とは思うんですけどね…

ううーむ。迷うところです。ていうか結局食うと思うんですが…何の因果か中国野菜にメタミドホスって(笑)
そういや香港では中国本土から輸入された野菜のことを「毒菜」(ドクチョイ)と呼ぶらしい。





*********************************

タクシーが好きだ。
三度の飯よりタクシーが好きだし、デートももちろんタクシー三昧。揺られて揺られてどこへでも行きたい。窓から流れる景色を眺めて暖房の効いた社内でぼんやりと退屈していたい。

だが、そうも行かなくなってしまった。

「うちもタクシー券廃止ですよ!」と今日、D通の人が言った。苦笑しながら「世知辛い世の中ですね。」と。
うちの会社も数ヶ月前に「原則、昼間のタクシー禁止」のお達しが出たところだ。
以前は、日に3回とか乗っていた。どこに行くのもタクシータクシー。禁煙じゃなかったころは窓開けて煙草吸って、一緒に乗ってる4人でだらだら喋って、一人のときはぼんやりしたり運転手の時評に相槌打ったり、タクシーは生き馬の目を抜く激務生活のなかの安らぎであり、数十分のバカンスであった。
だが、不況のせいでどこも節約ムード。タクシーは贅沢品になってしまった(運転手の方々のご苦労お察しします)。
今では、昼間には事情がない限り、深夜残業後もプロデューサーの了承を得ない限り(いや、簡単に得られるけどね)おいそれとタクシーに乗ることができない。もちろん、自腹を切れば乗れるけど。

そんなこんなで私は不況を憎む。タクシーに乗れないからどこに行くにも地下鉄かJR。ガンガン歩かなくてはならないから、ピンヒール的なものも自粛だ…よってモチベーションも低下。
もう地下鉄も動いてない深夜、ああ~きょうも労働したな、と溜め息をつきながら、花みたいに美しく着飾って髪を盛りに盛った夜のお姉さまたちとともに銀座のタクシー乗り場で待ち、新橋~増上寺の脇~三田~麻布十番~古川橋~白金~広尾、と明治通りを抜けるあのひととき。窓から眺める東京タワーの美しさったら!!!

ほんとうに、心底不況が憎い。私からタクシーとヒールの高い靴を奪った不況が。


Shoes, Shoes, ShoesShoes, Shoes, Shoes
(1997/04)
Andy WarholR. Seth Bright

商品詳細を見る

A.Warholが広告のために描いた、あまりにも美しく、甘く、優しい靴のイラストレーション集。そりゃあ死の匂うシルクスクリーンは迫力があるけど、この時代のイラストは全部好きだ。
ウォーホル、この末期消費社会をあなたなら今どう描く?


スポンサーサイト

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。