プロフィール

beatrixxx

Author:beatrixxx
77年うまれ。広告業。ブログテーマは園芸→旅行へ。常にいちばんやりたいことをやる、をモットーに書き散らかそうかと思います。
メッセージはson_of_a_gun77(a)yahoo.co.jp(aを@に変換)まで。コメントもご遠慮なく。
twitterアカウントは@danceandpicnicです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜薫る

Sun.06.09.2009 0 comments
DSC05938a.jpg
リュウゼツラン科 チューベローズ属 チューベローズ(“月下香”)
Polianthes tuberosa ブレててすみません…


朝夕は秋の気配がめっきり濃厚になったとはいえ、まだまだ暑い都心のベランダでは今、チューベローズの花が、甘い薫りを放ちながら咲いています。

蕾ができてから咲くまでの間が、長かったな~。一ヶ月以上かかった。月下香、の名のとおり、夜にはより強く薫るとされる白い花。見た目的にはさほどの特徴はないので、もっぱら薫りを楽しむための花という風情でしょうか。

DSC05941a.jpg
↑やっぱり夜だとボケるね

リュウゼツラン科だから、アガベとかと近いってのは意外。葉っぱの感じとかは、水仙とかに近いように思えるんですが、しかし、いい薫りです。ベランダに出ると、甘い匂いがどこからともなくしてくるのです。この匂いに誘われてか、最近、大きなクロアゲハをベランダで見ました。

私にとって、このチューベローズは特別な思い入れのある花で。チューベローズの香水にハマって一時期集めてたんです。だから、実際どんな薫りがするのか凄く知りたかった。

DSC05944a.jpg
↑全景。花茎が長く伸び過ぎて倒れてます

マイケル・コースの「マイケル」、ロベール・ピゲ「フラカ」、ヴェルサーチ「ブロンド」…既存のチューベローズの香水は、少しミルクっぽさのある濃厚な薫りに仕上がっていて(上で挙げた一番使いやすいのは、モロッコのお香などと合わせてエキゾチックに、でも極めてアメリカっぽいモダンさに仕上げた「マイケル」ですね)、とても「お高い」香りがするんですよ。清楚だとか、若々しいとかじゃなくて、なんつーか濃密で、女臭く、セレブ臭い。昼には似合わない。そんな感じです。

ちなみにロベール・ピゲ「フラカ」は、今も伊勢丹などで売られてるらしい名香の部類に入るようなクラシックな一品ですが、これはちょっとチューベローズの媚びの部分だけ抽出した感があり、好きではない。甘すぎるんです。ちなみにこれとヴェルサーチの「ブロンド」は激似。これは、容器も下品(笑)。ヴェルサーチ好きだけど。

DSC05945a.jpg
↑ネオンとのコントラストが良い感じでしょう(ブレてるけど

実際のチューベローズの花は…と言いますと、濃密でありながら、ミルクっぽい濃厚さがあるというよりは、蜜っぽい。花粉の香りも混じってて、ちょい複雑。百合の香りにも近いです。

ちなみに、バラ、ジャスミン、ドイツすずらん、スミレ、ライラック、ガーデニア(くちなし)を合わせて、香水の原料になる、世界の「6大花香」と呼びます。この中で好きなのはガーデニアかな。チューベローズと並んで、思わず集めたくなる香水の香り。

♪雨上がりの庭で くちなしの香りの やさしさに包まれたなら~というのはユーミンの歌詞ですが、そう、雨上がりに立ち上るくちなしの香りは、本当に何かを呼び起こさせるような、奇跡的な美しさと艶がありますよね。

甘い、熱帯っぽいチューベローズの香りに包まれて、今年の夏も終わってゆきます。





*********************************

女たちよ女たちよ
(2005/03/30)
沢田研二

商品詳細を見る



香りつながりで。
…といっても実際に香りがするわけではないんだけど、濃密な香りがたちこめているようなアルバムです。

源氏物語をモチーフに、全作詞・高橋睦郎/全作曲・筒見京平という不思議なメンツで作られた一枚。コンセプトアルバムという感じですが、何なんでしょうね、これ…。私が好きなジュリーのアルバム「MIS CAST」と同じく、これを歌うのがジュリーである必然性を感じないのですよ。実際、70年代の阿久悠的な沢田研二像じゃなくて、80年代の、売り上げ的には下降線であったであろう頃のものだし。

ただ、記号としての「色男」というのは、恐らく神に選ばれた(呪われた?)色男にしか演じることはできないわけで、そう考えるとこれを歌うのは当時、沢田研二しかいないだろう、と容易に想像はつくのです。そしてこの声!とても強烈に香り立つ、古来から連綿と続く「色男」の存在感(現代の「源氏」!)が、ここに今、淡々と立っているという印象。

音的には先鋭的な80年代ニューウェイブというか、シンセメインのデジタルで無機的な手触りなのですが、それがまた素晴らしい。高橋睦郎の男色的な(?)やや抽象的な歌詞と相まって、本来なら歌謡曲的キラーチューンたる筒見先生の曲も、ただただ冷たいナイフのよう。そして単なる「色香」としてたゆたうかのような沢田研二の声!

悠久たる時の流れの真ん中に、川のあちら側に、髪を濡らして源氏=沢田研二が立っている。桜が咲いたり散ったり、水の流れが姿を変えたり、いくつもいくつも季節は巡り、数々の女たちとの秘め事が現れては消えてゆく…妙に生々しくもあり、同時に非現実的でもある世界。未だに、引っ張りだしては聴いてしまう一枚です。

以前も書いたのですが、これを聴くと80年代資生堂の「SASO沙棗」という香水を思い出すんですよね。ジュリー主演のドラマ「源氏物語」のスポンサーが資生堂だったから(つってもリアルタイムじゃ知らないけど)、その連想かもしれないのですが、和モノだが、過剰に和っぽいというのではなく、秘めているのに濃密で官能的、というところが近いんでしょうか。

こういう伝統的な「日本の色気」って、今はもう急速に失われつつあるものな気がします。私たちのDNAに染み付いている(きっと今後もずっと)ように感じられるものだけに、哀しいことです。

スポンサーサイト

開花と死

Tue.28.07.2009 0 comments
DSC05460a.jpg
アヤメ科 チグリディア属 チグリジア(トラフユリ、タイガーリリー)


楽園の入り口のような、その名の通り虎柄の斑の入った花をぱっくり開けて、チグリジアが開花しました。


ていうかこれ、もう一週間ぐらい前に撮った写真だったりして。

全部で6個球根を植えたし、一日花ながら次々とひとつの花茎から開花すると聞いたんでもっと他の色も咲くと思って待っていたんですが、で、この茎からは昨日もひとつ咲き、明日は別の茎からも咲きかけてはいるんですが、とはいえ同じ色っぽいので&他の球根もダメっぽいので、ならば先にupしようかなと思った次第。

DSC05455a.jpg
↑開花直前の蕾。同じ蕾から4~5個の花が咲く

咲いても一日しかもたず、朝キレイだなと思っても、蜂ぐらいにしか見られることもなく(当然私は日中仕事に行ってるし)、夜にはもうしぼんでいる。

というだけでも切ない感じなんですが、さらに切ないのがこのチグリジア、ウイルス病(モザイク病)にやられてるっぽいのです。

DSC05462a.jpg
↑葉にカスリがかかったようになってるのがモザイク病らしき症状

どうもアブラムシがたかってるな~と思いつつ放っといたのが悪かった。最初はアブラムシがたかったので吸い跡がついたのかなと思ったんですが、どうやら(アブラムシはウイルス媒介に一役買うという意味でも害虫なのだが)ウイルスを伝染されてしまったようで。まぁ、買った当初から感染してたのかもしれないけど。

結局、6つあった球根のうち2つしか花が咲く株が無さそうです。

ウイルスにやられた植物は処分するしか道がありません。放っておくと他の植物に感染するし、第一ウイルスは他の病気と違って対処のしようがない(効く薬がない)のです。ウイルスにやられるといじけたように育ち、花も咲かないことが多く、ひどい場合はそのまま枯死します。

これは運良く花を咲かせてくれたものの、他の植物への危険を考えると、本来なら一刻も早く鉢や土ごと廃棄するべきなのです(色々な理由でしないけど)。

こんなに魅惑的な花なのに、不治の病だとは…
強風が吹き荒れるベランダの柵にハンギングしてしまったのも悪かったのかもしれませんね。茎とか葉とか折れまくったし。球根は種よりも簡単そうなイメージがありますが、コケた場合取り返しがつかないというか、どうにもダメージでかいです(先日のカンナといい…)

教訓1:球根のアブラムシ防除は徹底せよ!
教訓2:ベランダには暴風がつきもの。丈50cm以上になるものは植える場所に気をつけろ!


ああ、未だ梅雨継続な感じの天気といい、この時期の園芸はどうにもテンション下がる。暑いだけあって、あまりにも弱肉強食な世界。

DSC05459a.jpg
↑この柄のレギンスがあったら買うね




*******************************


前回この欄で、「amazonでエラーが出るから後ほどup」とかいいつつ放置しました…が、それは次回に回すとして、今日は追悼の意味でこの作品を。

狂い咲きサンダーロード [DVD]狂い咲きサンダーロード [DVD]
(2009/03/06)
山田辰夫中島陽典

商品詳細を見る


山田辰夫さんが亡くなったそうです。
今年は色々な人の訃報が続く年でしたが、なんというか、山田氏の死はリアルに悲しく、ショックでした。

どんな作品であれ…芸術性の高い映画であれ通俗的なドラマであれ(昼の連続ドラマの「はるちゃん」とかにも出てたしね…)、独特な雰囲気を出している方でした。本当に情け容赦なく冷酷な悪人の役も、本当はいいところもある悪人の役も(って、人格ってそんな単純なもんじゃないと思うけどそういうのも全部含めて)、なんかやたらとリアルでした。そして、あの独特の声は、一度聞いたら忘れられないという人も多い筈。昔はドラマとか観るとき、無意識に辰夫を探してる自分がいたな。

こんな希有な存在感を持つ俳優が亡くなるなんて。日本映画/ドラマはまた何かを失いました。別に回顧主義じゃないんだけど、自称個性派みたいな、変な髪型の凡百な若者俳優が闊歩するなか、こんな味を出せる人がまだ他にいるのだろうかと思ってしまう。

名脇役と言われがちですが、この「狂い咲きサンダーロード」は、映画初出演にして主演です。しかも、辰夫以外には誰もこなせないだろうという役。もしかして他の有名俳優が演ったらこの映画もカルト的人気で終わらなかったのかもしれないけど、それでも辰夫以外ではダメなんだ。

石井聰亙監督は後にノイバウテンのビデオ撮ってたりしてサイバーパンクと言われたりもしてましたが、それ以上に若きパンク魂が滾ってる映画…フェチじゃなく、衝動であり暴走であるような(つか、まんま暴走族映画ですが)。昔、レンタルビデオ屋で借りてすり切れたVHSテープを巻き戻して観たことを思い出します。陳腐な表現になりますが、とにかく青春パンク映画の金字塔。辰夫が渾身の力を振り絞るラストシーンはまじで最高です。

あ~~~~~~~~~~~~~、なんか、ほんとに悲しいなあ。

夏が咲いたよ

Mon.13.07.2009 0 comments
DSC05417a.jpg
カンナ科(ダンドク科) カンナ属 カンナ “デバルト”
Canna generalis(?)“Di bartolo” 
前回「デバルト」ってドイツ語?と書きましたが、綴りだけ見るとイタリア語っぽいな…


なんとなくベランダ熱帯化をもくろむ私のブームに乗せられ植えられた銅葉カンナ“デバルト”ですが、ついに咲きました。うわー夏っぽ~い!!

銅葉だから、観葉植物のような存在感でしたが、やっぱ花が咲くといいですねぇ。たまに「葉はいいけど花は暑苦しくてアテクシのイングリッシュガーデンには似つかわしくないんで切っちゃいます」ってな感じの人もいるようですが、植物はやっぱ花咲かせてこそだよ(多肉好きだけど…)。つーかこんな熱帯熱帯した花、咲かせずしてどうすんだよ。

DSC05419a.jpg
↑こんな感じで葉っぱのあいだから花茎が出るんです(後ろの葉っぱはブルーベリーの)

先日マカオへ行った際にも、道路ぎわにいっぱい植えられていたカンナ(普通の黄色いやつだったが)。うちのベランダもこれで熱帯に一歩近づきましたよ!いや、高山植物とかもあるのであまり地球温暖化を喜んでられないんだけど。

でもこないだ山手線に乗ってたら、代々木のあたりだったか、線路沿いの川っぺりに誰かが勝手に地植えしたらしき野良カンナも盛大に咲いていた(これも黄色のやつ、しかも、何株も!!)ので、東京で地植えでもちゃんと冬も越せて花が咲くんだなあ、と思いました(春に誰かがゲリラしたのかもしれないけどさ)。

DSC05398a.jpg
↑数日前、まだ蕾のころ

それにしても茎もぶっといし全てにおいていかついな~。かっけー。成長も恐ろしく早いし、一枚の葉っぱが30cmぐらいあるし、何て素敵なんだ~。本来ならこういうのは夏の庭に銅葉をいかしてセンス良く植え込むべきなんだろうけど、いいじゃんベランダでも。

それはそうとこの花の色、まだらになってるんで「もしやモザイク病…!?」と思って焦ったけど、デバルトってもともと花が斑入りの種類みたいです。カンナはもう一株あるんで、そっちは何色の花が咲くのか今から楽しみだな~。


DSC05423a.jpg
↑さっき撮ったもの

トップ画像は昨日撮ったものですが、今日はもう三つ咲いてました。普通、朝に咲く花が多いけど、カンナは普通に夜でも咲く。時間問わず咲く。そういうとこも頼もしい。

そろそろ梅雨も明けそうですね。

ベランダ熱帯化計画

Tue.16.06.2009 0 comments
DSC05172a.jpg
カンナ科(ダンドク科) カンナ属 カンナ “デバルト”
Canna generalis(?)“Di bartolo” ※デバルト、ってドイツ語??


4月の終わりから5月にかけて、夏に咲く花の球根をいくつか植えた。
その球根たちが、梅雨空の下、来るべき夏を待ちわびてすくすくと成長している。

写真は、まるでゴムの木のように分厚くでっかい葉っぱと、直径3cmはある太い茎でめきめきと(また速度がすごい…)空に向かって伸びてゆく“デバルト”という銅葉カンナ。まだ葉っぱの色が浅いが、太陽を浴びるにつれたぶん美しい銅葉になっていくと思う。

なぜか春頃、カンナを植えたい!ベランダを熱帯の庭にしたい!という衝動に駆られた。カンナといえば昭和時代、庭先に植えられていた暑苦しい花、というイメージが強いが、今ではカラーリーフでエキゾチックな観葉品種が出回り、再びブームが来ているらしい。この球根も、楽天などでは売り切れていたのでヤフオクで買ったもの。

DSC05122a.jpg
葉を広げるとこんな感じ(一枚目の写真の一週間ほど前です)

ショウガ目だからか、球根の形も生姜のようで独特。そしていきなり太い茎やでかい葉っぱが出てくるあたり、さすが熱帯性の植物ならではのデリカシーの無さ(?)を感じさせる。
ちなみにこの鉢、直径が30cmぐらい、深さも60cm近くある特大サイズだ。

DSC05123a.jpg
同じくカンナ“ビューイエロー”View Yellow?

…しかし。デバルトと同じくすくすく生育中のこの↑「ビューイエロー」だけど、ちょっとおかしい。予定ではこれは、緑地に黄色の斑入りの品種なはずなのだが、出てくる葉っぱが真緑色だ…これでは、昭和時代の暑苦しいただのカンナである。ま、今更、そんなこと別にいいんだけどね。


DSC05173a.jpg
リュウゼツラン科 チューベローズ属 チューベローズ
Polianthes tuberosa

同じく夏を待ちわびているのが、チューベローズ。月下香とも呼ばれ、夏の夜に甘く濃密な芳香を放ち、香水の原料にもなる花。一時期チュベローズの香水を集めまくってたこともあり、育てるのが夢だった。
…しかし、これ。ちゃんと3つ等間隔に植えたはずなのに、なんで偏ってるのか…(よくある話)

DSC05174a.jpg
アヤメ科 チグリジア属 チグリジア(ティグリジア、タイガーリリー、トラフユリ)
Tigridia pavonia

上の写真は、タイガーリリーと言いつつアヤメ科のチグリジア。名前のとおり、熱帯のトラみたいな模様が咲く花。…しかしこれ。ベランダの淵にハンギングするタイプの鉢に植えておいたら、今朝の強風で一本折れてるのを発見(涙)。
教訓:チグリジアは折れやすい。風が当たる場所は避けるべし!(チューリップとかは大丈夫な場所だったのに!)

春の花は可憐でスウィートだが、夏の花は大胆で、エキゾチックで、エロティックだ。
球根以外にもいろいろと節操なく種を蒔いたりしているので(アサガオとか…ゴーヤとか…)夏のベランダがどうなるのかまったくもってナゾだが、とにかく私は常に、一年中、夏だけのために生きているといっても過言ではないし、いつだってどこかへ行きたいという生来のリゾート欲求(逃避願望)があるので、夏の花が咲くのをとても楽しみにしている。

生ぬるい春よりも、何も解らなくなるぐらいの夏へ。こうやって雨が降っているあいだにも、春の花が枯れて夏の花は育ち、季節は1秒ごとに変わってゆく。

ちなみに。今年の夏はキューバへと飛びます。





******************************


いつもこうやって牧歌的な植物の成長記録をお送りしているわけだが、はっきりいってうちのベランダは某大通りに面しているため、常に明るく、夜は窓を開けて眠れないぐらいに騒がしい。酔っぱらいもいればヤンキー改造バイクもいる、植物園というより動物園なのである。

しかし、それに輪をかけて昨日(日曜)は格別だった。
朝から、日米安保反対!!みたいなデモ隊が叫びながら大行進。さらに、それを阻止すべく右●の皆さんが街●車でメガホン片手に君●代マーチバージョン(?)を大音量でかけながら怒鳴りまくる。さらに、その間に大量の機動隊員とパトカーが割って入る…途中に乱闘めいたこともあり。
という、まさにフルコースであった!!!

デモ隊(安保、メーデーみたいな左●系から、ネオ宗教系、アウンサンスーチー解放など…)はしょっちゅう通るし、街宣車もよく通るのだが、双方がぶつかりあって大騒ぎになってる(機動隊の数がハンパない)のは、なかなか珍しい事態。いやー、ここで暮らしているといろんなことがあるよ…

初夏の翡翠

Sat.16.05.2009 4 comments
DSC05044a.jpg
アヤメ科 イキシア属 “イキシア ヴィリディフロラ”Ixia viridiflora


一昨日、棚に乗せていた鉢を移動していてハッとした。目に飛び込んできたのはとても不思議で、神秘的な色の花。

イキシア・ヴィリディフロラが咲いていた!!

薄い青緑色(viridifloraとは、ラテン語で「緑色の花が咲く」って意味らしい…画像だと水色っぽいけどね)のシャープな花弁、シャーベットイエローの雄しべ、滲むような紫色の中心部…ほんとうに美しく、「翡翠色」と一般に言われているのにふさわしい。

このviridifloraは、南アフリカ原産の野生種で、イキシアにはいろいろな園芸種があるものの、これが一番美しいと思う。自然が作り出したとは思えない完璧な造形。

DSC05047a.jpg
横から見たところ

まるで稲のように細い葉と、針金のように細い茎に花をつける姿も奇跡的。

…しかしこれ、なんで咲いて驚いたのかというと、半ば開花を諦めてたからだ。
球根を植えたのは去年の11月末ごろで、同時に植えたチューリップなどより早く発芽したものの成長が思わしくなく、一本が枯死してしまった上に、残りのものも調子が悪かった。

一株だけ頼りなげに蕾をつけたものの、このまま枯れるな~という不吉な予感を漂わせてたのだ。実際、普通はもっと多くの花が咲くのに、咲いたのはたった5つ。とはいえ咲いてくれた!この神秘的な花を見ることができた!!

DSC05046a.jpg
さらに引いてみたところ(……。)

…おわかりのように、通常上に伸びるべき茎が真横に……!支柱を立てればよかったのかもしれないけど。
ていうか、この不調の原因はたぶん全部私にある。反省しています。というのも、

●球根を上下逆に植えてしまったっぽい
●古い土を消毒もせずに使ってしまった
●どうやら通気性の悪い鉢だったらしく、土にコケが…(過湿を嫌うのに…)
●冬のあいだ、あまり防寒をしていなかった

という、モロモロの理由が原因となって、イキシアを弱らせてしまったんだと思う。

だからこそ、咲いてくれたことにさらに心が動かされた。
来年はもっと頑張るから許しておくれよ…

しかし、球根モノって植えるだけだから簡単なようでやっぱり難しい、と思う。種みたいにいっぱい発芽させて間引いてくとかできないし。球根自体にも当たり外れあるし。一株あたりの花の数だって多くないし、一度こじれたらほぼ回復不可能だし…


DSC05056a.jpg
太陽を浴びて機嫌良さげ

↑こちらはクロユリ。高山に自生している気難しい植物。
これも発芽したことにさえ驚いたが、今のところ順調みたい。なんとか開花までこぎつけてくれればいいんだけど…。

DSC05058a.jpg
カンナ “ビューイエロー”にも芽が…

写真を撮っているとつくづく思うけど、ホント、もう、日差しが夏。
冬の間はやたらすべてが彩度低いけど、今はコントラストがキツすぎ。影がくっきりしすぎ。園芸始めてから初めて、日差しの変化というものに敏感になりました。




********************************



今日は、スイートルームの稼働率をいかに上げるかという議題で某ホテルのスイートルームへ(会議室代わり)。もちろん詳しくは言えないが、なんつうか、夢の無い、自分と関係のない(単に高いから、ではない)話であった…

その後、会社近くの老舗の中華料理屋で飯を食っていると、老いたアートディレクター?とおぼしき足を引き摺った老人が「いま旅館の再生やってくれってことで●●(温泉地)に行ってきたの。」と、女店員と会話。「そういやこの店も長いよねぇ。昔この近くに事務所があってねぇ、よく昼飯食べに来てたの。」と。

偶然にもホテル/旅館の再生つながりだったんで思わず聞き耳を立ててしまったんだけど、私は最近つくづく、もう「再生」とかしなくていいんじゃねーの?とすべてに対して思ってしまう(まー私の仕事なんてそういうので儲けるハッタリ商売ですけど…)。

ブランドなんて滅びるときは滅びる、でいいじゃねーか。どんなモノにも死に時ってのはあるだろう。さっさと殺しちまえホトトギス。

先日セルビアで泊まったホテルは、エレベーターはボロボロ、風呂の水栓がなく、30分経ってもお湯が出なかったりしたが、それでも愛すべきホテルだと思った。100年以上続いているホテルだったりしたんだけど。

社会主義には「ブランド」とか「付加価値」とか存在しない。でも愛すべきホテルは存在する。極論だけど、そっちの方がいいんだよね。あ~もう、こんな末期資本主義には飽きた!!

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。